2017年のコンセプトは「実用品」から「嗜好品」へ、です。
「服を売る仕事=夢を売る仕事」だということをわくわくしながら語れることです。
昔は服は憧れの存在でしたが、
ファストファッションの登場で「嗜好品」ではなく「実用品」になってしまいました。
「この服を着ればこんな自分になれる」という世界観を伝えられることが、
2017年は強く求められています。

royal ascot 1月展のテーマはUP GRADE”アップグレード”です。
気分が高まるちょっと良い服、
大人レディーに贈りたい自分をアップグレードしてくれるコレクションです。

上質さと今年らしさをキーワードに1クラス上のスタイリングを、
そして、ニットはハイゲージのゴム地や、
シフォンやハイゲージジャージとのコンビネーションで
上質なキレイ目印象のアイテムを提案します。
ジャージや布帛はリネン素材のバリエーション、
ハイゲージ鹿の子、コンパクトコットン、
コンパクトツイㇽストレッチなどナチュラルな肌触りと、
程よいカジュアル感のある素材をきれい目印象を打ち出しました。
スパンボイルやソフトストレッチジョーゼットなど、
ソフトな肌触りとしなやかなストレッチ性で着心地の良さと今年らしさを感じてください。

COLLECTION